company

会社概要

  • 会社名 合同会社ためになる
  • 設立 2022年8月
  • 代表社員 齋田 和夫 / 小野 英伸 / 赤羽 誠
  • 資本金 30万円(2022年8月1日現在)
  • 所在地 東京都中央区銀座7丁目13番6号 サガミビル2階

基本理念

スモールビジネスの売上を上げることで、日本を元気にするお手伝いをする

やや長い補足

スモールビジネスが元気になれば、日本経済が上向きになり、日本人も元気になる。

少しシンプルすぎるロジックですが、大真面目にこう思ってます。

問題はどうやるか・・・です。我々はあらゆる分野の全てのテーマに解決策をもっているわけではないわけですから。

でもスモールビジネス成功(もしくは成長)という分野では「ためになる」ネタはたくさん持っているかも、と思いました。ネタとは、経験だったり、ノウハウだったり、人脈・知識・勘だったり。その領域も、起業・経営・マーケティング・イベント・広告・販促などビジネスの必須事項です。しかも規模の「大企業から自身のスモールビジネスまで」大小取り混ぜ、テーマ領域も「飲食店・化粧品からホテル経営・アプリ制作まで」と多岐に亘り、活動領域もアジア、米国にまで及んでいました。

なので棚卸ししてみると「ためになる」ネタはあることを確信しました。問題は、そのネタをどうスモールビジネス経営者のお役に立つよう仕立てるかでした。

しかし悩みはすぐに吹っ飛びました。小さな「ためになる」が大きな変化を生んだのを目の当たりにしたからです。そうなんです。小さな「ためになる」はわずかな変化しか生まないと思っていたのですが、それは間違いでした。

小さな「ためになる」は「気づき」になり、それが「行動」となって「大きな変化」を生む

ことを体験したからなのです。

なので、小さな「ためになる」を数多く提供して、さらにそれをスモールビジネスオーナーたちと攪拌することで予想を遥かに超えた「大きな変化」を生むプラットフォームにする!というのが「合弁会社ためなる」の設立趣旨です。

プラットフォームと言っても、単に情報やデータ、アイデアのやり取りの場ではありません。応援、熱く語るなどちょっと汗臭い取り組みもあっていいかもしれないし、ジョイントでの事業や場合によっては資本提携に発展しても面白いと思っています。いずれにしても予定調和ではない、面白い可能性の余地のある場に出来ればと思っています。